流体力学寝具 アルキメデス ARCHIMEDES
このサイトをお気に入りに追加   Twitterでつぶやく 

一年に一度のお手入れ

●アルキメデスは半年~1年に1回程度、ウォーターバッグから自然に蒸発する水分量を補充するため、定期的なメンテナンスが必要となります。下記の手順をよく読んで、正しいメンテンスを行ってください。

●メンテナンスには水を使用します。作業は床にビニールなどを敷いて行ってください。

【注意】メンテナンスに使用する水には、汲んだばかりの水道水を使用してください。汚れた水や汲み置きした水を使用するとウォーターバッグ内部にカビ等が発生する原因となります(元のウォーターバッグには防カビ剤が入っていますが、万能ではありません)。同様に洗面器も一度きれいに洗ってからご使用になってください。

  1. 準備するもの
    1. アルキメデス(本体)
    2. 洗面器(半分程度水を入れておく)
    3. タオル
    4. ハンドポンプ(本体+ホース)

    準備するもの

  2. メンテナンス手順
    1. まくらから外カバーと内カバーを取り出します(図1)。
    2. 図1

    3. ウォーターバッグ部分の端からウォーターバルブを探します。
    4. 本体のウォーターバルブがある部位の下に4つ折りにたたんだタオルを入れ、ウォーターバルブ部分を少し上に持ち上げます(図2)。
    5. 図2

    6. ハンドポンプ本体の青いバルブ部分に、ホースの先端が太いほうをしっかりと差し込みます(図3)。
    7. 図3

    8. ハンドポンプ本体を洗面器の水の中につけます。このとき、両方のバルブの口がしっかりと水に使っていることを確認してください。
    9. ホースの先から空気ではなく水が出るまでハンドポンプの白い部分を押します(図4)。
    10. 図4

    11. ウォーターバルブ付近にあるマジックテープ部分を外します。
    12. ウォーターバルブの口を開き、そこにホースの細い部分をしっかりと差し込みます(図5)。
    13. 図5

    14. ハンドポンプを押しながら、ゆっくりとウォーターバッグ内に水を補充します。このとき内部に気泡が入らないようにしてください。この操作を5〜10回程度繰り返します(図6)。
    15. 図6

    16. 本体に十分水を補充した後、ウォーターバルブからホースを抜き、バルブのフタを閉めます。
    17. タオルで本体周囲についた水分を拭き取りながら、マジックテープを元通りにつけます(図7)。
    18. 図7

    19. 元のように内カバー、外カバーを本体にかけます(図8, 9)。外カバーの余った部分は本体側に入れ込むか、裏に折り曲げてご使用ください。
    20. 図8

      図9


■ご利用のポイント

  1. 季節にあわせた調節方法
  2. まくら本体や内カバーの天地について
  3. まくらの高さの調節方法
  4. 半年に一度のお手入れ