流体力学寝具 アルキメデス ARCHIMEDES

2007/5/31

 元気読本に掲載

元気読本 健康関連ニュース – 軽量・小型化を実現。新構造のウォーターベッド

http://news.genki-book.jp/sleep/-31-004016.php

軽量・小型化を実現。新構造のウォーターベッド

軽量・小型化を実現。新構造のウォーターベッド
流体力学を応用したウォーターベッド、ウォーター枕などの開発・販売を行う株式会社流体力学工房は、新構造により軽量・小型化を実現したウォーターベッド「アルキメデス」(写真)の一般販売を開始した。「アルキメデス」は、水の浮力を大きく発生させて身体を支え、快適なやすらぎを提供する流体力学寝具。液体、気体、連続気泡弾性体を特殊に結合した新開発構造体を応用しており、日本・米国・中国の3カ国で特許を取得している。 

 

従来のウォーターベッドはカナダや米国では広く愛用されているが、日本では0.5トンという重量のため建築基準法不適となり、これまでほとんど普及していなかったという。しかし「アルキメデス」は従来のものよりも1/10の重量で大きな浮遊感を実現。すでに一般販売を開始している同構造体を応用した枕では、使用者のモニター調査、睡眠実験で「寝つきが早い」「入眠後、質のよい睡眠が短時間で多く取れる」ということが実証され、また米国ノースウエスタン大学ケロッグスクールの調査でも高い評価を得ている。同社では、まず、富裕層や睡眠・リラクゼーションにこだわりのある層向けに、要望にあわせたカスタム受注から始めているとのこと。詳細は株式会社流体力学工房(http://www.fldy.jp/)。

2007/5/30

 福岡天神・紙与渡辺ビル1F(福岡中央郵便局向かい) ライトアップ福岡店

福岡天神・紙与渡辺ビル1F(福岡中央郵便局向かい) ライトアップ福岡店 アルキメデス枕サンプルがお試し戴けます

〒810-0001 福岡市中央区天神1-12-14 

2007/5/26

 All About [睡眠・快眠]「爽快ベッドと敷き布団&パッド200705」に掲載

All About > 健康・医療 > 睡眠・快眠

高温・多湿な季節もグッスリ眠れる寝具として、アルキメデスのウォーターベッドが掲載されました。(ガイド:坪田聡氏:医師、ビジネスコーチ)

http://allabout.co.jp/gs/goodsleep/closeup/CU20070526A/

ウォーターベッド 「アルキメデス」

流体力学工房から、新しい構造により軽量・小型化したウォーターベッド「アルキメデス」が、発売されました。

ウォーターベッドは液体の浮力を利用するので、身体の凹凸に自然にフィットして、均一な圧力で身体を支えます。そのおかげで、グッスリ眠ることができます。

特にこれからの蒸し暑い季節には、ヒンヤリとした肌触りで、寝苦しい夜とは無縁の快眠生活を過ごせます。

ウォーターベッドはこのような高い性能を持つため、カナダや米国では広く愛用されていますが、日本ではほとんど普及していません。それは総重量が約600kgと重過ぎて、建築基準法不適となりやすいことや、大量の水を囲む枠が必要なため、日本の家には大き過ぎることが原因です。

そこで「アルキメデス」では、水と空気と連続気泡の弾性体を流体力学的に結合した、新しい構造を採用しました。これにより重さが60kg、サイズは180cm x 90cmと、従来のウォーターベッドの10分の1の重量、面積は5分の3を実現しました。

現在はまだ受注生産のみですが、興味がある方は一度、お問い合わせください。この他、お好みにあわせたリネン類、照明などインテリアにあわせたコーディネート、オプションもあります。

2007/5/19

 ハービスENT 4F ライトアップ大阪店

ハービスENT 4F ライトアップ大阪店 アルキメデス枕サンプルをお試し戴けます

http://www.osaka-gardencity.jp/facilities/02_ent.html

http://www.herbis.jp/ ハービスENT(ハービスエント)サイト

〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目2番22号

2007/5/16

 モノメトロ

モノメトロ に流体力学工房アルキメデスベッドが掲載されました

大きな浮力が与える安らぎと快眠、日米中で特許取得のウォーターベッドが発売

http://www.monometro.jp/2007/05/16/post_132/

archimedes.jpg 
水の力で快適な睡眠を提供してくれるウォーターベッド。この浮力を、日米中で特許を取得した新開発構造体で大きく発生させ、さらなる安らぎと快眠を与えてくれるウォーターベッド「アルキメデス」が流体力学工房から発売された。従来品と比べ、重量も10分の1となっている。

 「アルキメデス」は、液体と気体、連続気泡弾性体を特殊に結合した新開発構造体を応用することにより、従来品の10分の1となる45キログラムに軽量化しながらも大きな浮遊感を実現。体を圧迫せずに血行を良好に保ったまま眠れるというウォーターベッドの利点を、さらに進化させている。  

 面積も従来品の5分の3となる1800×900ミリメートルの省スペース化を実現。ウォーターベッドに不可欠だった枠も不要となっている。水温は摂氏30±5度で設定できるため、状態によって快適な温度を選ぶことも可能だ。

 また、液体を活用した間接照明や音響システム、部分的にマットの硬さを変更できる調節装置などのオプションも用意。ベッドフレームやパッド、掛け布団もぴったりのものをプラスできる。

 カスタム受注生産のみとなっており、問い合わせは同社ホームページより。快適な睡眠が得られない方にとって、購入を一考してみる価値はありそうだ。

流体力学工房

2007/5/15

 RSSナビ

RSSナビ から流体力学工房アルキメデスの最新ニュースが配信されます

http://www.rssnavi.jp/rssinfo.html?i=5510

2007/5/14

 マイライフ手帳@ニュース

マイライフ手帳@ニュース でアルキメデスが紹介されました。

流体力学工房、液体が全身にフィットするウォーターベッド「アルキメデス」を発売 – マイライフ手帳@ニュース
http://www.mylifenote.net/004/post_1422.html

流体力学工房は、新構造のウォーターベッド「アルキメデス」を、ライフネオ社が5月13日からオープンした富裕層の女性向けエステサロン「FUJICOHAKU(フジコハク)」(港区青山一丁目)に提供するとともに、本格販売を開始した。

 アルキメデスは、水の浮力を大きく発生させて身体を支え快適なやすらぎを提供する流体力学寝具。液体と気体と連続気泡弾性体を特殊に結合した新開発構造体を応用しており、日本・米国・中国の3ヵ国で特許を取得しているという。
 今回、アルキメデスを採用したエステサロン「FUJICOHAKU(フジコハク)」は、青山一丁目駅に隣接する話題のタワーレジデンス「パークアクシス青山一丁目タワー」1、2Fに位置する。アルキメデスは、同施設内の「トレモロルーム」に設置されており、その特長を生かして水の中からは優しく包み込む青い光と全身で体感できる音響を、そして約35℃に保たれた水温によって心地よくまどろみながら身体を温めるリラクゼーション機能を提供するとしている。

 従来のウォーターベッドは、カナダや米国では広く愛用されているが、日本では0.5トンともなる重量のため建築基準法不適となり、これまでほとんど普及していなかったと説明する。アルキメデスは、1/10の重量で従来のウォーターベッドに比べ大きな浮遊感を実現できるとのこと。すでに一般販売を開始する同構造体を応用したまくらでは、使用者のモニター調査・睡眠実験で「寝つきが早いこと」「入眠後、質のよい睡眠が短時間で多く取れること」も実証されているほか、米国ノースウエスタン大学ケロッグスクールの調査でも高い評価を得ているという。

 流体力学工房では、今回の「FUJICOHAKU(フジコハク)」への提供を皮切りに、流体力学寝具「アルキメデスベッド」の一般販売を開始する。富裕層や睡眠・リラクゼーションにこだわりのある層向けに、消費者の要望にあわせたカスタム受注からスタートするとしている。

流体力学工房=http://www.fldy.jp/
FUJICOHAKU(フジコハク)=http://www.fujicohaku.jp/

 日本経済新聞 日経プレスリリース

日本経済新聞 日経プレスリリース 2007年5月14日(月曜日) 流体力学工房社のアルキメデスベッドリリース(販売開始)がプレスリリースされました

流体力学工房、水の浮力で快適なやすらぎを与えるウォーターベッド「アルキメデス」を販売

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=159786&lindID=4

新構造のウォーターベッド「アルキメデス」 本格販売開始

従来の1/10の重量で睡眠に効果、日米中で特許取得済

 株式会社流体力学工房(神奈川県川崎市/代表取締役 佐藤和浩)は、新構造のウォーターベッド「アルキメデス」を、株式会社ライフネオ(東京都品川区/代表取締役 住友滋)が2007年5月13日(日)にオープンする富裕層の女性向けエステサロン「FUJICOHAKU(フジコハク)」(港区青山一丁目)に提供するとともに、本格販売を開始します。

 アルキメデスは、水の浮力を大きく発生させて身体を支え快適なやすらぎを提供する流体力学寝具です。液体と気体と連続気泡弾性体を特殊に結合した新開発構造体を応用しており、日本・米国・中国の3カ国で特許を取得しています。

 アルキメデスが採用されたFUJICOHAKU(フジコハク)は、青山一丁目駅に隣接する話題のタワーレジデンス「パークアクシス青山一丁目タワー」1、2Fに位置しています。アルキメデスは同施設内の「トレモロルーム」に設置されており、その特長を生かして水の中からは優しく包み込む青い光と全身で体感できる音響を、そして約35℃に保たれた水温により心地よくまどろみながら身体を温めるリラクゼーション機能をご提供します。

 従来のウォーターベッドはカナダや米国では広く愛用されていますが、日本では0.5トンともなる重量のため建築基準法不適となり、これまでほとんど普及していませんでした。アルキメデスは1/10の重量で従来のウォーターベッドよりも大きな浮遊感を実現しております。すでに一般販売を開始している同構造体を応用したまくらでは、使用者のモニタ調査・睡眠実験で「寝つきが早いこと」「入眠後、質のよい睡眠が短時間で多く取れること」も実証されており、また米国ノースウエスタン大学ケロッグスクールの調査でも高い評価を得ています。

 流体力学工房では、このFUJICOHAKU(フジコハク)への提供をはじめとし、流体力学寝具「アルキメデスベッド」の一般販売を開始します。富裕層や睡眠・リラクゼーションにこだわりのある層向けに、お客様のご要望にあわせたカスタム受注からスタートいたします。

■アルキメデスベッドの特徴
1.液体が全身にフィットするので、身体を圧迫せず血行を良好に保ったまま横になれます。 
2.水に浮いて支えられるので、自然な姿勢で横になれます。
3.適温の液体に全身がふれることにより身体が速やかにあたたまります。
4.空気と水の層を特殊に結合して、通常のウォーターベッドに比べて大きな浮力、浮遊感を発生させています。 
5.高温から低温まで水の温度を設定、変化させることができ、運動後のリラクゼーション、本格的な睡眠等に応じて使い分けることができます。(※)
6.部分的にマットの硬さを変更することができ、好みの姿勢にも対応できます。 
7.液体を活用した間接照明付です。(※)
8.液体を通じて全身で体感する音響システムつきです。(※)
(※印はオプション機能となります。)

【FUJICOHAKU(フジコハク)について】
住所    : 東京都港区南青山一丁目3−2
TEL    : 03−5775−7165
URL    : http://www.fujicohaku.jp/
アクセス  : 東京メトロ銀座線・半蔵門線都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅
         3番出口より徒歩1分
営業時間 : 11:30〜21:00(完全予約制)
延床面積 : 約140坪(1F〜2F)
施設    : ショップ、カウンセリングコーナー、ロッカー・パウダールーム、
         トレーニングルーム アチェレルブ(発汗施設)、
         トレモロ(ウォーターバーデ)、トリートメントルーム(7室)、
         ツインルーム(1室)

【株式会社 流体力学工房について】
 2002年設立。流体力学を応用したウォーターベッド、ウォーター枕などの企画開発・製造・販売を行っております。

 【プレスリリース】新構造のウォーターベッド「アルキメデス」本格販売開始

報道関係者各位

新構造のウォーターベッド「アルキメデス」 本格販売開始
従来の1/10の重量で睡眠に効果、日米中で特許取得済

株式会社流体力学工房(神奈川県川崎市、代表取締役 佐藤和浩)は、新構造のウォーターベッド「アルキメデス」を、株式会社ライフネオ(東京都品川区、代表取締役 住友滋)が2007年5月13日(日)にオープンする富裕層の女性向けエステサロン「FUJICOHAKU(フジコハク)」(港区青山一丁目)に提供するとともに、本格販売を開始します。

アルキメデスは、水の浮力を大きく発生させて身体を支え快適なやすらぎを提供する流体力学寝具です。液体と気体と連続気泡弾性体を特殊に結合した新開発構造体を応用しており、日本、米国、中国の3カ国で特許を取得しています。

アルキメデスが採用されたFUJICOHAKU(フジコハク)は、青山一丁目駅に隣接する話題のタワーレジデンス「パークアクシス青山一丁目タワー」1、2Fに位置しています。アルキメデスは同施設内の「トレモロルーム」に設置されており、その特長を生かして、水の中からは優しく包み込む青い光と全身で体感できる音響、そして約35℃に保たれた水温により、心地よくまどろみながら身体を温めるリラクゼーション機能をご提供します。

従来のウォーターベッドは、カナダや米国では広く愛用されている一方、日本では0.5トンともなる重量のため建築基準法不適となり、これまでほとんど普及していませんでした。アルキメデスは1/10の重量で従来のウォーターベッドよりも大きな浮遊感を実現しております。既に一般販売を開始している同構造体を応用したまくらでは、使用者のモニタ調査、睡眠実験で「寝つきが早いこと」「入眠後、質のよい睡眠が短時間で多く取れること」も実証されており、また、米国ノースウエスタン大学ケロッグスクールの調査でも高い評価を得ています。

流体力学工房では、このFUJICOHAKU(フジコハク)への提供をはじめとし、流体力学寝具「アルキメデスベッド」の一般販売を開始します。富裕層や睡眠・リラクゼーションにこだわりのある層向けに、お客様のご要望にあわせたカスタム受注からスタートいたします。

■アルキメデスベッドの特徴
1. 液体が全身にフィットするので、身体を圧迫せず血行を良好に保ったまま横になれます。
2. 水に浮いて支えられるので、自然な姿勢で横になれます。
3. 適温の液体に全身がふれることにより身体が速やかにあたたまります。
4. 空気と水の層を特殊に結合して、通常のウォーターベッドに比べて大きな浮力、浮遊感を発生させています。
5. 高温から低温まで 水の温度を設定、変化させることができ、運動後のリラクゼーション、本格的な睡眠等に応じて使い分けることができます。*
6. 部分的にマットの硬さを変更することができ、好みの姿勢にも対応できます。
7. 液体を活用した間接照明付です。 *
8. 液体を通じて全身で体感する音響システムつきです。 *
                                      *印はオプション機能となります。

【FUJICOHAKU(フジコハク)について】
住所: 東京都港区南青山一丁目3−2
TEL: 03−5775−7165
URL: http://www.fujicohaku.jp/
アクセス: 東京メトロ銀座線・半蔵門線都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅3番出口より徒歩1分
営業時間: 11:30〜21:00(完全予約制)
延床面積: 約140坪(1F〜2F)
施設: ショップ、カウンセリングコーナー、ロッカー・パウダールーム、トレーニングルーム アチェレルブ(発汗施設)、トレモロ(ウォーターバーデ)、トリートメントルーム(7室)、ツインルーム(1室)

【株式会社 流体力学工房について】
2002年設立。流体力学を応用したウォーターベッド、ウォーター枕などの企画開発・製造・販売を行っております。

【本件に対するお問い合わせ先】
株式会社 流体力学工房 http://www.fldy.jp/   E−mail  info@fldy.jp 

2007/5/13

 ライフネオ社 FUJICOHAKU(フジコハク) トレモロ(バーデ)

ライフネオ社 FUJICOHAKU(フジコハク) トレモロ(バーデ) に特別仕様のアルキメデスベッドをご活用戴いています

http://www.lifeneo.co.jp/

http://www.fujicohaku.jp/salon/

http://www.fujicohaku.jp/salon/floor/index.shtml

2007/5/8

 ねむログ

睡眠を記録する ねむログ の睡眠リンクにアルキメデスが紹介されました

http://www.nemulog.jp/index.php