流体力学寝具 アルキメデス ARCHIMEDES

2007/5/14

 日本経済新聞 日経プレスリリース

日本経済新聞 日経プレスリリース 2007年5月14日(月曜日) 流体力学工房社のアルキメデスベッドリリース(販売開始)がプレスリリースされました

流体力学工房、水の浮力で快適なやすらぎを与えるウォーターベッド「アルキメデス」を販売

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=159786&lindID=4

新構造のウォーターベッド「アルキメデス」 本格販売開始

従来の1/10の重量で睡眠に効果、日米中で特許取得済

 株式会社流体力学工房(神奈川県川崎市/代表取締役 佐藤和浩)は、新構造のウォーターベッド「アルキメデス」を、株式会社ライフネオ(東京都品川区/代表取締役 住友滋)が2007年5月13日(日)にオープンする富裕層の女性向けエステサロン「FUJICOHAKU(フジコハク)」(港区青山一丁目)に提供するとともに、本格販売を開始します。

 アルキメデスは、水の浮力を大きく発生させて身体を支え快適なやすらぎを提供する流体力学寝具です。液体と気体と連続気泡弾性体を特殊に結合した新開発構造体を応用しており、日本・米国・中国の3カ国で特許を取得しています。

 アルキメデスが採用されたFUJICOHAKU(フジコハク)は、青山一丁目駅に隣接する話題のタワーレジデンス「パークアクシス青山一丁目タワー」1、2Fに位置しています。アルキメデスは同施設内の「トレモロルーム」に設置されており、その特長を生かして水の中からは優しく包み込む青い光と全身で体感できる音響を、そして約35℃に保たれた水温により心地よくまどろみながら身体を温めるリラクゼーション機能をご提供します。

 従来のウォーターベッドはカナダや米国では広く愛用されていますが、日本では0.5トンともなる重量のため建築基準法不適となり、これまでほとんど普及していませんでした。アルキメデスは1/10の重量で従来のウォーターベッドよりも大きな浮遊感を実現しております。すでに一般販売を開始している同構造体を応用したまくらでは、使用者のモニタ調査・睡眠実験で「寝つきが早いこと」「入眠後、質のよい睡眠が短時間で多く取れること」も実証されており、また米国ノースウエスタン大学ケロッグスクールの調査でも高い評価を得ています。

 流体力学工房では、このFUJICOHAKU(フジコハク)への提供をはじめとし、流体力学寝具「アルキメデスベッド」の一般販売を開始します。富裕層や睡眠・リラクゼーションにこだわりのある層向けに、お客様のご要望にあわせたカスタム受注からスタートいたします。

■アルキメデスベッドの特徴
1.液体が全身にフィットするので、身体を圧迫せず血行を良好に保ったまま横になれます。 
2.水に浮いて支えられるので、自然な姿勢で横になれます。
3.適温の液体に全身がふれることにより身体が速やかにあたたまります。
4.空気と水の層を特殊に結合して、通常のウォーターベッドに比べて大きな浮力、浮遊感を発生させています。 
5.高温から低温まで水の温度を設定、変化させることができ、運動後のリラクゼーション、本格的な睡眠等に応じて使い分けることができます。(※)
6.部分的にマットの硬さを変更することができ、好みの姿勢にも対応できます。 
7.液体を活用した間接照明付です。(※)
8.液体を通じて全身で体感する音響システムつきです。(※)
(※印はオプション機能となります。)

【FUJICOHAKU(フジコハク)について】
住所    : 東京都港区南青山一丁目3−2
TEL    : 03−5775−7165
URL    : http://www.fujicohaku.jp/
アクセス  : 東京メトロ銀座線・半蔵門線都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅
         3番出口より徒歩1分
営業時間 : 11:30〜21:00(完全予約制)
延床面積 : 約140坪(1F〜2F)
施設    : ショップ、カウンセリングコーナー、ロッカー・パウダールーム、
         トレーニングルーム アチェレルブ(発汗施設)、
         トレモロ(ウォーターバーデ)、トリートメントルーム(7室)、
         ツインルーム(1室)

【株式会社 流体力学工房について】
 2002年設立。流体力学を応用したウォーターベッド、ウォーター枕などの企画開発・製造・販売を行っております。